2008年8月6日

 

[Linux]apacheをソースコードからインストール

[Linux]apacheをソースコードからインストール

userのローカルにインストールする場合のメモ。

# 展開
# tar xvfz httpd-X.X.X.tar.gz

# 展開されたディレクトリに移動します。
$ cd httpd-X.X.X

# configureを実行。今回は$HOME/local/apache以下にインストールします。
$ ./configure --prefix=$HOME/local/apache

> ./configure --help より
>
> Installation directories:
> --prefix=PREFIX install architecture-independent files in PREFIX
> [/usr/local/apache2]
>
> --prefix でインストールするディレクトリを指定できます。
> 指定しない場合のデフォルトは/usr/local/apache2になります。

# インストール
$ make
$ make install

# 設定ファイル変更
$ vi $HOME/local/apache/conf/httpd.conf

# 今回は既に入っているapacheとPortが被らないように以下を変更。
Listen 80
=> Listen 10080
# DocumentRoot(Webサーバのルートディレクトリ)を変えたい場合は以下を変更。
DocumentRoot

# apacheの起動。
$ $HOME/local/apache/bin/apachectl start

# プロセスの確認。apacheのプロセスが起動していること。
$ ps aux | grep apache

# Portの確認。apacheのプロセスがLISTENになっていること。
$ netstat -an | grep 10080

ラベル:


スポンサードリンク