2008年5月26日

 

臆病者のための株入門

「臆病者のための株入門」
こちらは、WEBでの評判を見て読んでみたくなりました。

臆病者のための株入門 (文春新書)
臆病者のための株入門 (文春新書)


数冊の投資関連本を読んできましたが
その点で言ってしまうと新しく得られたものは
あまりなかったという印象ではあります。

しかし、読み物としては、非常に面白く読んでいて飽きないものでした。
以前に他の本で得たいた知識ではあるとはいえ、本自体の面白さも相まって
もっと前に読んでいれば良かったと思わされました。

自分もまだ投資初心者ですが、
投資初心者の方にお勧めしたいです。

ラベル: ,


2008年5月20日

 

ウォール街のランダムウォーカー

今まで読んだ投資関連本の中で多くの本で言及されており、
非常に気になっていた本です。


ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
バートン マルキール 井手 正介
4532352606



「ウォール街のランダムウォーカー」とは、株価のことで、
様々な手法を用いても予測などできないものであるとし、
最も効率的にリターンを上げることが出来る手法は
インデックスファンドを購入して、持ち続けることであるとしています。

まだ、投資経験が浅い自分には、少々難しい本であったが、
内容は一貫しているため、時間はかかったものの楽しめて読めたと思う。

時間がたったら是非、又読み返したい本。

ラベル: ,


2008年5月19日

 

Master Money for Mac

「投資戦略の発想法2008」の第一部準備編を読んで
自分がいかに資産、支出入の管理ができていないかを痛感させられ、
投資をやるどころではないということが分かったので
資産の管理を始めることにしました。

2008年からWindowsからMacにSwitchしているので
OSX用の資産管理ソフトを探しました。

はじめは、オープンソースの「GnuCash」を使おうと思っていましたが
日本語ドキュメントの少なさから断念。

更に調べるうちに「Master Money for Mac」の評判が良かったので購入しました。
※自分が購入したのは、Master Money for Mac 2へ無償バージョンアップシールが貼ってあるパッケージ版。

Master Money for Mac ~Universal アプリケーション~
Master Money for Mac ~Universal アプリケーション~

メイン画面のインタフェースは、資産、負債、収入出等が一目でわかるようになっており、
シンプルで直感的に分かりやすいつくりになっています。

操作性としてはマウスによる操作が多めで、自分のようにキー操作がメインのユーザには、
右クリックなどわずらわしいと思える操作も多いのですが、
次期バージョンの「Master Money for Mac 2」ではキーによる入力がメインになるとの事で期待しています。

Master Money for Mac 2
Master Money for Mac 2

ラベル: ,


2008年5月6日

 

投資戦略の発想法2008

投資関連本5冊目。

「投資戦略の発想法2008」

投資戦略の発想法 2008 (2008)
投資戦略の発想法 2008 (2008)


ネットでの評判が良かったので購入してみました。

本書は4部構成になっています。

第一部〔準備編〕これができなければ投資家失格

「あなたの資産はいくらですか?」
「あなたの1ヵ月の収入と支出はいくらですか」
上記の質問に即答できなければ、投資はやめて下さい。

・・・。即答できません。

いきなり出鼻を挫かれてしまいましたが、
自分の資産、支出入の管理も出来ないのに
投資などやるなという非常にもっともな話。

この本を読んでから反省し、家計簿を付け始めています。。。

投資そのものよりも投資以前の話で
地味ながら非常に役に立つ内容が多かったと思います。

・節約は確実パフォーマンスの高い投資手法。
・仕事を中心にすえて、投資はあくまで副業。

投資を本格的に始める前に出会えてよかったと思える本です。

ラベル: ,


スポンサードリンク