2008年6月22日

 

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?
ちょっと衝撃的なタイトルのこの本を読みました。

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

■市場効率的論
・資本主義社会において市場は程度はあるものの効率的である。
・効率的な市場では、投資はコイン投げと変わらない。
⇒ 市場は効率的であればあるほど、運が重要になってくる。
・多くのファンドマネージャーが戦っている市場は効率的になる。
■コスト
・ファンドマネージャー資産運用してもらうとコストがかかる。
⇒ コストの分だけ、投資のプロは負ける。

あるいはお金持ちになれるたった一つのクールなやりかた

■インデックスファンド
・インデックスファンドは、市場の平均。
・インデックスを追う運用のためコストは安く済む。
・ETFならば更にコストは抑えられる。

■アセットアロケーション
・分散投資の割合が結果を決める要員となる。個別銘柄の選定より重要。

ラベル: ,


2008年6月10日

 

たったの68パターンでこんなに話せるビジネス英会話

いつか来ると思っていたのですが、ついにやってきた海外出張。

今ごろになって英語を勉強を始めても、遅すぎると分かってはいますが
やらないよりはましと、以下の本のCDを毎日聴きながら通勤しています。

出張中はこのフレーズを多様する予定。
Could you speak more slowly?

たったの68パターンでこんなに話せるビジネス英会話 (アスカカルチャー)
たったの68パターンでこんなに話せるビジネス英会話 (アスカカルチャー)

ラベル: ,


スポンサードリンク