HTMLファイルのアップロード

ここまでは、ローカル(自分のパソコンの内部)でHTMLファイルを作成してきました。 しかし、このままでは、Webに公開したことにはならず、誰にも見て貰えない状態です。

Webに公開するためには、Webサーバと呼ばれるものに HTMLファイルを置く必要があります。
Webサーバは、無料、または有料のサーバを借りる必要があります。

無料サーバ有料サーバの比較

無料
有料

まず、学習用に、無料のサーバかりて、 本格的に運用するときには、有料を借りる事をお勧めします。 もともと知識がある方は、最初から有料でも大丈夫でしょう。

⇒有料サーバを選ぶ際のポイント

FTPソフトとアップロード

借りるサーバが決まったら、 ローカル(自分のPC)からリモート(借りるサーバ)に HTMLファイルを転送するためのツールを用意します。

お勧めはFFFTPというツールです。
FTPクライアントソフトとしては、定番中の定番です。
直感的に使い易く、必要な機能はそろっているのでオススメです。 下記URLからダウンロードして来てください。

FFFTP
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html
ダウンロードするのは、最新版でOKです。

ダウンロードしたらダウンロードされたファイルを実行してください。
インストーラが起動するので、インストーラにしたがってインストールを行いましょう。

サーバを借りる際に、アカウントとパスワードが発行されたはずです。
FFFTPにサーバ(ホスト)名とアカウント、パスワードを設定してWEBサーバに接続してください。 設定が正しくなっていれば、WEBサーバに接続されるはずです。

接続が成功したら、左側(ローカル)を【 C:\MyPage 】まで移動させ、先ほど作った【 index.htm 】 アップロードボタンをクリックしてください。

アップロードが成功したら、実際にブラウザでアクセスしてみましょう。
サーバを借りる際に、URLを発行されているはずですので、 http://www./ をブラウザのアドレスバーに入力してください。
先ほどまで作っていた画面が表示されたでしょうか? 表示されたら成功です。

しかし、index.htmだけをアップロードした状態では、画像が表示されず、 リンクページへのリンクもうまくいかないはずです。

FFFTPに戻って、link.htm、logo_html.gifもアップロードしましょう。
アップロードが成功したら、ブラウザでアクセスしてみましょう。
画像も表示され、リンクも繋がるはずです。


スポンサードリンク