cp

構文

cp [コピー元] [コピー先]

ファイルをコピーをするコマンド。
[コピー元]のファイルを[コピー先]のファイル名でコピーを作成する。

= 引数 [コピー元] [コピー先]
[コピー先]に存在しないファイル名を指定すると、[コピー先]ファイル名のコピーを作成します。
[コピー先]に存在しているファイル名を指定すると、[コピー先]ファイル名を上書きしてコピーを作成します。
[コピー先]がディレクトリの場合は、[コピー先]ディレクトリ以下に[コピー元]と同名のコピーを作成します。

ディレクトリのコピーを行いたい場合は、[ -R ]オプションを使用する。

オプション
-f ファイルをコピーする際、コピー先に同名のファイルがあっても強制的に上書きする。
-i ファイルをコピーする際、同名のファイルがある場合、上書きするかの確認する。
-p コピー元ファイルの属性もコピーする。
-R ディレクトリを再帰的にコピーする。ディレクトリごとコピーしたい場合は必ず指定する。
実行例

# fooをfoo2という名前でコピーする。
$ cp foo foo2

# dirディレクトリとディレクトリ内のエントリを再帰的にdir2という名前でコピーする。
$ cp -R dir dir2

関連コマンド
mv ファイルを移動する。
スポンサードリンク