cpio

構文

cpio [オプション]

cpio形式でアーカイブ、展開するコマンド。
cpioには3つのモードがあります。
コピーアウトモード(-o)ファイルをアーカイブファイルにコピーする。
コピーインモード(-i)ファイルをアーカイブファイルからコピーする。
コピーパスモード(-p)ファイルを別ディレクトリにコピーする。

オプション
-o コピーアウトモード
-i インサートモード
-d ディレクトリも作成する
-p コピーパスモード
-v ファイル名の一覧を出力する
-v 処理されたファイル名を出力する
実行例

# archive.cpioファイルの内容を出力する。
$ cpio -itv < archive.cpio

# archive.cpioファイルを展開する。
$ cpio -idv < archive.cpio

# findの出力結果(カレントディレクトリ以下の"*.log")から、cpioファイルを作成する。
$ find . -name "*.log" -follow -cpio xxxx.cpio

関連コマンド
tar tar形式のアーカイブを作成、展開をする
find ファイルを検索をするコマンド
スポンサードリンク