egrep

構文

egrep [オプション] [検索文字列パターン] ファイル

ファイルを検索文字列パターンで検索してマッチした行を出力するコマンド。
[ファイル]を[検索文字列パターン]で検索してマッチした行を出力する。
grepよりも高度な正規表現を使用できる。

egrepで使用できる正規表現
※正規表現を使用する際は検索文字列パターンを''で囲む。

^:行頭
$:行末
.:任意の一文字
[ABC] :ABCのいずれか
[A-Z] :A〜Zの範囲いずれか
[^ABC] :ABCいずれでもない
[^A-Z] :A〜Zの範囲いずれでもない
+:1回以上の繰り返し
*:0回以上の繰り返し
{n} :n回の繰り返し
{n},:n回以上の繰り返し
{n,m} :n回以上m回以下の繰り返し
r1|r2 :正規表現r1かr2のいずれか

オプション
-i 検索する際、アルファベットの大文字小文字を区別しない。
-n マッチした行の行番号も表示する。
-c マッチした行数を出力する。
-v マッチしない行を出力する。
-[数値] マッチした行の前後[数値]行も出力する。
-A [数値] マッチした行の後[数値]行も出力する。
-B [数値] マッチした行の前[数値]行も出力する。
実行例

# file01内の3桁の数字を含む行を出力する。
$ egrep '[0-9]{3}' file01

# file01内のtest01又はTest02という文字列を含む行数を出力する。
$ egrep 'test01|Test02' file01

関連コマンド
grep 検索でマッチした行を出力する。
スポンサードリンク