ls

構文

ls [オプション] [ファイル・ディレクトリ]

ファイル・ディレクトリの情報を出力するコマンド。
[ファイル・ディレクトリ]の情報を出力する。

= 引数なし
カレントディレクトリのファイルエントリを出力する。

= 引数 [ファイル]
ファイルの情報を出力する。

= 引数 [ディレクトリ]
ディレクトリのファイルエントリを出力する。

オプション
-l ファイルの情報を詳細に出力する。ファイルタイプ、パーミッション、ハードリンク数、オーナー、グループ、ファイルサイズ、最終更新日時
-a 隠しファイルも表示する。隠しファイル ファイル名が"."で始まるファイル。例 .history .bashrc
-F ファイル名の後ろに、ファイルタイプを表す記号を出力する。ファイル なし ディレクトリ / 実行可能ファイル * リンクファイル @
-R サブディレクトリ内も再帰的に情報を出力する。
-t 変更日時でソート(並び替え)する。
実行例

#カレントディレクトリのディレクトリ・ファイルを出力する。
$ ls

# /bin以下のファイル・ディレクトリを詳細に出力する。
$ ls -l /bin

# ホームディレクトリの.(ドット)で始まる隠しファイルも出力する。
$ ls -a $HOME

# 日付順にディレクトリ・ファイル一覧を出力する。
$ ls -rt

関連コマンド
pwd カレントディレクトリの絶対パスを出力する。
cd カレントディレクトリを変更する。(ディレクトリを移動する)
スポンサードリンク