vi・vim文字の入力

文字を入力するには、ノーマルモードから挿入(インサート)モードに移る必要があります。 以下に挿入モードに移るキーです。挿入モードから、ノーマルモードに戻るためには [Esc](エスケープ)キーを押します。

キー動作
iカーソルの位置で挿入モードになります。iは「insert」の略として覚えます
Iカーソル行の行頭(空白は除く)で挿入モードになります。
aカーソルの後ろの位置で挿入モードになります。aは「add」の略として覚えます
Aカーソル行の行末で挿入モードになります。
oカーソルの次行の位置に行を追加して挿入モードになります。
Oカーソルの前行の位置に行を追加して挿入モードになります。

※大文字は[Shift]キー同時押しを示します。

挿入モードに移ると、文字が入力可能になります。 [BS]キーや[delete]キーで文字の削除も出来るようになります。 ノーマルモードに戻るときは[Esc]キーを押します。

最初は、基本の「i」のコマンドだけで十分だと思いますが 「a」や「o」等他にも挿入モードに移るコマンドが存在します。 それらを覚えることにより、更にvimを便利に使えます。


スポンサードリンク