vim入力補完

ファイル内で一度入力されている文字列から、入力する文字列の候補を選択して補完することができます。入力補完はインサート(挿入)モードで行う事が出来ます。

キー動作
Ctrl + p入力されている文字列から、入力する文字列の候補をあげて入力補完する。補完実行場所から、ファイル先方に向かって候補をあげる。
Ctrl + n入力されている文字列から、入力する文字列の候補をあげて入力補完する。補完実行場所から、ファイル後方に向かって候補をあげる。

最初の数文字を入力してから、補完を行うと効率が良くなります。 特にプログラム等で、長い変数や関数名を入力する際には、負担が大きく減ります。


VIM INDEX:vim:その他編
スポンサードリンク