vi・vimUNDO(元に戻す)・REDO(元に戻したものを戻す)

操作を間違ってしまった場合等に、一動作分、もとに戻したい場合(アンドゥ)は「u」を使います。 戻しすぎた場合など、元に戻した操作を戻したい場合(リドゥ)は「Ctrl + r」を使います。

キー動作
uundo(アンドゥ)一動作分、前の状態に戻す。
Ctrl + rredo(リドゥ)。アンドゥで戻した操作を、元に戻す。

一般的な、テキストエディタにも実装されていることが多い機能ですが、非常に便利な機能です。 一般的な、エディタでは、文字列の入力が一文字ごとにアンドゥが行われるに対して、vimでは、インサートモードを終了した単位で アンドゥが行われるので注意が必要です。


スポンサードリンク